2004年度秋季九州地区中学・高校ディベート大会のご案内

 ディベート教育を通して議論する文化を育て、将来の日本を担う、国際舞台で活躍する人材を育成しようと全国教室ディベート連盟九州支部では、中学生・高校生のディベート大会を開催してきております。九州地区においては、年々各学校の取組みが盛んになってきており、第6回全国中学・高校ディベート選手権大会で修猷館高校が優勝、第8回大会で青雲中学優勝、そして今年度第9回大会で九州国際大学附属中学優勝と、九州地区代表校が全国大会で活躍し、その高いレベルが注目されています。

 今回ご案内の大会では、夏の大会でまだ燃え尽きていないというディベーター、来年の全国大会に向けての新チームのスタートしたい、はじめて対外的なディベート大会に参加したいという中学生、高校生のみなさんの参加を期待しています。

なお、論題は、救急車の有料化(今年の全国大会中学の部論題)と身近な問題にしており、ディベートの形式は特別ルールで、ディベートをはじめて観戦する方にも議論がわかるようにと配慮しています。どうぞお誘い合わせの上お越し下さい。

大会名 2004年度秋季九州地区中学・高校ディベート大会

主 催 全国教室ディベート連盟九州支部 

共 催 九州大学言語文化研究院

後 援 九州各県教育委員会・福岡市教育委員会・北九州市教育委員会

期 日 2004年度117日(日)

会 場 九州大学1号館・5号館(福岡市中央区六本松4−2−1)

JR博多駅・西鉄福岡駅から西鉄バス六本松停留所へ

論 題 「日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か。」

日 程 10:00受付 10:45開会式 11:00ラウンド@ 12:40ラウンドA 14:00ラウンドB 15:30閉会式

参加校 中学の部・高校の部 合計16

要 項 1 全国教室ディベート連盟九州支部オリジナルルールで行う

      (詳細は支部ホームページhttp://f10.aaacafe.ne.jp/~debate/taikai/autumnrule.htm 秋季九州地区ディベート大会ルール参照)

     2 中学・高校各部3試合(肯定・否定は最低1試合)を行い、勝利数・

投票数・コミュニケーション点で上位3校を表彰する

     3 ジャッジは3人制とする

     4 プランは @救急車利用料を11万円とし、利用者が支払う。

            A利用料は、自治体の一般会計に入れる。

            B実施は 2005年4月1日からとする。

参加費 出場チーム1チーム3000円(当日)。 参観は無料。

申し込み問い合わせ先

 学校名・代表者名(引率教諭名)・連絡先(電話・ファックス・メールアドレス)を明記して、10月24日(日)必着で、メールにて下記へお申し込み下さい。

全国教室ディベート連盟九州支部事務局長 加地 良光

メール   kaji-13@rmail.plala.or.jp